デザインを外部の会社、個人デザイナーにお願いする

デザイン依頼時の注意点

どのような紙袋を作りたいかできる限り伝えることが大事です。細かすぎるのではないかと思えるほど小さいなことから伝えるまでもないかと思えるほど大きなことまでとにかく伝えましょう。ある1つの情報が抜けていたせいで完成したデザインが全く的外れなものになる可能性があるのです。完成したデザインに納得できずもう1度アイデアを練り直してもらうようデザイナーの方にお願いした場合、追加料金が発生せずに了承してもらえることが多いそうです。しかし、デザイナーの方からすれば良い気持ちはしないですよね。1回で終わるようお願いする側もデザインをお願いする前にデザインについてできる限り深堀りして、とにかくたくさんの情報を伝えられるよう準備するなどの最大限の努力をする必要はあるでしょう。

デザイン完成後の注意点

デザイン完成後はその紙袋を作成していくことになる訳ですが、作成はどこにお願いしたら良いでしょうか。デザインをお願いした会社または個人にそのまま作成もお願いするか、作成は別の会社または個人にお願いするか大きく2通りあります。そのまま作成もお願いすれば、素材などのイメージを改めて擦り合わせる必要もなくより理想に近い紙袋が完成する可能性が高まりそうです。デザイン料金と作成料金でセット割のようなものがあり、作成費用を鑑みても問題がなければそのままで良いでしょう。ただ、他にもっと安く作成できる会社または個人がいた場合はそちらにお願いするべきかもしれません。デザインをお願いする前にその紙袋という広告の費用対効果を割り出せれば理想ですね。

手提げ袋に印刷したいという場合には自分で行う方法と、印刷会社へ依頼する方法があります。手提げ袋にはいくつか種類がありますので、気に入った袋を選ぶと良いでしょう。